一歩ずつ着実に( ^ω^)

国立大学出てフリーターになった男の話

フリーター生活について。最近オナ禁生活についてしか書いてねーや。

ばっくれました

バイトが一人バックれた模様です

まあおれもバイトなんですけどね

1ヶ月とか2ヶ月でバックれるのはなんとなくわかるのですが

その人は結構長く働いていたのでちょっとびっくりしました

まあ正確に言えばバックれたというより連絡がつかないですかね

次もし来たらどうゆう顔で会えばいいのかわからんなー

 

まあ常々人員不足で悩まされているのです

飲食店の性なんですかね

人が辞めるたびに残ってる人にどんどん負担がかかってくる

人が少ないから少ない人数で仕事せざるを得ないし

いつもの仕事に加えて新しい子を教えなくちゃいけない

仕事が増えるのに時給はあがらない

負のスパイラル真っ只中ですね

 

まあ自分的には出来ることをやるしかないので

あんまり自分が悩んでも仕方ないことだと思っているのですが

 

むしろこんだけ仕事がいっぱいあるなら成長できるんじゃね

ぐらいのポジティブ思考でいってます

また労働時間は増えますがこれは時給制の自分にとっては稼ぐチャンスが増えるということ

プラスに考えたら全然悪くない

夜と霧みたいな極限状況でもないし俺が何か失敗したからって死ぬわけでもないし

 

最近何考えてもあんまネガティブな考えにならないな

どうにもならないよこの状況っていうことが少ないからだと思うけど

自分ががんばってどうにかなる状況なら燃えてくる

ただそれに依存されちゃうと困るけど

だから頑張りすぎてもみんなのためにならないのかなーって考えたりもする

 

まとまんないけどおわりー

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村