一歩ずつ着実に( ^ω^)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一歩ずつ着実に( ^ω^)

フリーター生活について。最近オナ禁生活についてしか書いてねーや。

ファイト・クラブ

読書

チャック・パラニュークが著した作品

自分はあんまり海外の作家を読まない

なぜなら、いろいろとぶっ飛んでいるからだ

こうゆう言い方をすると語弊があるかもしれないが

つまり設定が複雑もしくはめちゃくちゃなために状況が想像できずいまいち入り込んでこないのだ

だからこそ状況が入り込まなくても熱量だけが伝わってくる作品は素晴らしいと思う


今回の本も舞台となる場所も主人公の考え方もおれからすればまったくわからない

ただ、傷一つない体にはもはや意味はないって言葉はなんか納得できた