一歩ずつ着実に( ^ω^)

国立大学出てフリーターになった男の話

フリーター生活について。最近オナ禁生活についてしか書いてねーや。

【92日目】冷静に考えてみたら3カ月って

すごいことですよね。

一年の4分の1をオナニーせずに生きているんですもん。

数字を数えるのも最近は億劫になってきてアプリがなければわからないくらいになってきます。

オナ禁やり始めたころは長期間のオナ禁になると日数を数える行為が不要に思えてくるって書いてあったのを見てなんでだろーそんなことあるわけないじゃんとか考えていたのですが

今ならその通りだということが出来ます。

最初のころは日数をモチベーションにして頑張ることがほとんどなんですよね。

おれ○○日できたすげー!次は○○日目指すぞ!って感じで。

でも90日ぐらいにもなってくるとしないことなんて日常になってくるんです。

やらないってことが大前提としてあってそっから生活リズムを作っていく。

だから数えるという行為が必要なくなるのです。

たまにあー今何日なんだーってアプリ見るくらい。

意識的にしていた行為が無意識にできるようになる瞬間に立ち会ってるかのようです。

たぶんブログを毎日更新しなくなってきたあたりからそんな感じになりますねー

だから最終的には重大な報告がない限りオナ禁とかのブログって放置気味になってしまうんでしょう。

だって最終的にただの日常ブログに昇華されてしまうから。

日常ブログを更新したいって人はまた別だと思うけどオナ禁している人たちってものすごく好奇心とか向上心とか強そうじゃないですか(一方的な偏見)

ブログ更新しなくなった人たちはきっと新しくやりたいこと見つけてオナ禁を活かしてそっちに全力でがんばっているんだろうなーとか放置されているオナ禁ブログを読みながら考えています。

 

自分は割と日常思ったこと書いているのでしばらく続くのかなー

そんなこと言っててこの次からブログ放置とかよくやってしまうから絶対とは言い切れないけど

知り合いは誰も見ていないから書きたいこと適当に書けるのが好き。

じゃあ日記に書けよって声が上がると思いますがそこは若干の見てほしい欲求があります

知り合いに向けて書くにはどうでもいい内容だけど知らない人には発信したい矛盾しているようにも思えますがそんな人いっぱいいると思います。

そんなときツイッターとかフェイスブックとかだとなかなかできませんがブログなら簡単に自分の世界を作ることができてうれしい

ツイッターとかは友達ありきの部分があるけどブログは完全に自分の世界から始められる

そうすると力抜いて簡単に書けますー

頭の中で思っていることばーって書くだけだし

だから文章の答えなんてものなくて最終的に着地できなくてこいつ何言ってんだろうってなることも間々あります

っていうかこのブログがまさにそう

 

10キロランニング 5月5日、2日

5キロランニング4日

簿記2級の復習